• データー制作について下記をご覧いただき、完全データーをご入稿ください。
    • 各見出しを1回クリックすると、解説が表示され、再度クリックすると閉じます...

入稿可能制作ソフト/データ形式

ai.gifIllustrator・ps.gifPhotoshop・画像データ
office.gifOffice系ソフト:Excel_image.jpgExcel・word_image.jpegWord・ppt_icon.gifPowerPoint

*画像データー:原寸で300dpi /inch 以上の高解像度・画像データならばOKです。
*Office系ソフトの場合、システム標準フォント以外の文字を使用されている場合、Fontデータもお送り頂かなければ、
 文字化け/文字変更いたします。
*Office系ソフトの場合、ご希望サイズに拡大出力や化粧断ちカットをご希望の場合は、データ調整費が別途必要となります。

推奨入稿データー形式

Illustrator :.eps形式
Photoshop :.eps-JPEG低圧縮(最高画質) 形式/.jpg形式/PSD形式/TIFF形式
高解像度画像データ:.jpg形式

*フォント/文字は、アウトライン化、ラスタライズし画像にしておいてください。

データサイズについて

仕上がりご希望の原寸サイズで作成してください。

  • ご入稿いただいたデータのまま、出力いたしますので、万が一、不具合が発生しましても、ご返金等、対応できません。
  • 拡大・縮小などのデータの修正が必要な場合は、別途修正料が必要となります。
    • ※長尺出力用の Illustratorデータや画像データ(長尺の場合のみ)でしたら、拡大修正料は不要です。
    • ※1/2(50%)等で制作いただき、ご入稿の際に、拡大比率を明記ください。
    •  (例)1/2(50%)のデータでしたら、200%拡大。1/4(25%)のデータでしたら、400%拡大。
    •     *指定比率が間違っていた場合、補償できませんのでご注意ください。
  • 画像データご入稿の場合も、仕上がりご希望の原寸サイズで作成してください。

縁なし/ふちなしについて

用紙の端ギリギリにレイアウト(縁なし)ご希望の場合は、断裁位置から3mm程度の「塗り足し」(はみ出し部分)をつけてください。塗り足しがない場合、断裁ズレにより白い部分が残ってしまう場合があります。
nuritashi.jpg

画像の傷等について

大判出力しますと、ほこりや傷など、小さな汚れも目立ちますので、必ず、拡大表示し、全て除去されることをお勧めします。

  • 特に切り抜きは、ご注意ください。
  • 画像を切り抜く場合は、クリッピングパスでの切り抜き設定をお勧めします。

データ制作上のご注意/Illustratorデータについて

  1. フォントは全てアウトライン化し、ゴミ(不要なパス等)は全て削除してください。
  2. 保存形式:.eps形式のままで、Ver.CS6形式以下で保存してください。
  3. 配置画像:全て埋め込んでください。
    • 高解像度の画像データの埋込みをお願いします。→ 印刷仕上がりに影響します。
  4. カラーモード:RGBをお勧めします。
    • RGBの方が色の再現領域が広く発色がきれいです。
    • CMYKとRGBの混在は、絶対に避けて下さい。くれぐれもご注意ください。
  5. 透明効果・線の塗り:「メニューバー>効果」にあります「ドキュメントのラスタライズ効果設定」の解像度を「高解像度(300ppi)」に設定する事で、ドロップシャドウ等きれいに再現されます。
    • 但し、データ処理が重くなる場合がございますので、入稿データの保存時に設定されることをお勧めします。
  6. 線には必ず線幅と色を設定してください。塗りで作成された線は画面では見えていても高解像度の印刷では、ほとんど見えなくなってしまいます。
    • 家庭用プリンターでは線が太くなりますので問題が無いように見えてしまいます。
  7. トンボ:「オブジェクト」→「トリムマークを作成」あるいは、バージョンが低い場合は「フィルター」→「クリエイト」の中の「トリムマーク 」にて作成してください。
    • 効果」→「トリムマーク」や、バージョンが低い場合「オブジェクト」→「トリムマーク」での作成は、× です)
    • 線色はレジストレーションを指定してください。K100%でもOKです。
  8. サードパーティ製プラグインは使用しないようお願いします。
  9. トンボの外側に不要なオブジェクトを残さないでください。→ クリッピングパスでカットしておいてください。

データ制作上のご注意/Photoshopで配置画像やデータを作成する場合について

  1. カラーモードRGBをお勧めします。
    • CMYKより→s-RGB、さらに s-RGBより→ AdobeRGB がベスト ! です。 RGBの方が色の再現領域が広く発色がきれいです。但し、オフセット印刷の場合は、全てCMYK:8bit(フルカラー印刷の場合)またはグレースケール:8bit(ブラック1色印刷の場合)にして、Illustratorデータといっしょにご入稿ください。
      • ICCプロファイルは埋め込まないようお願い致します。
  2. 解像度 :推奨画像サイズ:印刷/出力する原寸サイズで解像度 350dpi(pixel/inch)
    • データ容量が大きい場合は、出力する原寸サイズで・解像度200〜150dpi(推奨180dpi)(pixel/inch)まで下げてもOKです。※仕上がり写真画質に、さほど影響はありません。
  3. 保存形式:PSD or TIFF or JPEG(低い圧縮) 形式の高解像度データをお願いします。

Office系ソフト/Excel・Word・PowerPoint:フォント/Font について

システム標準フォント(Windows の場合:MS系フォント) 以外を使用されている場合は、文字がギザったり文字化けしますので、下記フォントリスト等、LinkIcon事前にご確認いただき、弊社システムにないフォントの場合は、下記の通り、Fontデータをお送りください。

  • 文字化け・ギザり防止のため。


フォント/Font データ送付方法...

  • <Windows の場合>
    1. お使いのPCのシステムの入っているHDの中の「Windows」フォルダーを開く。
    2. そのフォルダーにある「Fonts」フォルダーを開く。
    3. その中にお使いのフォントデータが収納されておりますので探し出し、別のHDか、USB等にコピーする。
    4. コピーしたフォントデータをメールに添付し、弊社宛まで送信して頂ければOKです。
  • <Machintosh の場合>
    1. お使いのMacのシステムの入っているHDの中の「ライブラリ」フォルダーを開く。
    2. そのフォルダーにある「Fonts」フォルダーを開く。
    3. その中にお使いのフォントデータが収納されておりますので探し出し、別のHDか、USB等にコピーする。
    4. コピーしたフォントデータをメールに添付し、弊社宛まで送信して頂ければOKです。
  • システム以外のHDやUSB等にコピーしなければ、お使いのシステムの中のフォントデータが消えてしまい、そのフォントが使えなくなる場合がありますので、ご注意ください。
  • <Windows 対応・日本語フォント>
    • MSゴシック
    • MS明朝
    • ARゴシック体S
    • AR祥南真筆行書体M
    • AR行楷書体H
    • BRGペン字恋文
    • BRG筆楷書清流
    • BRG隷書麗流
    • CPPコーパス勘亭流
    • CPPコーパス行書体
    • CPPコーパス毛筆楷書体
    • HGPゴシックE
    • HGPゴシックM
    • HGP教科書体
    • HGP行書体
    • HGP正楷書体
    • HGP創英プレゼンスEB
    • HGP創英角ゴシックUB
    • HGP創英角ポップ体
    • HGP明朝B
    • HGP明朝E
    • HGSゴシックE
    • HGSゴシックM
    • HGS教科書体
    • HGS行書体
    • HGS正楷書体
    • HGS創英プレゼンスEB
    • HGS創英角ゴシックUB
    • HGS創英角ポップ体
    • HGS明朝B
    • HGS明朝E
    • HGゴシックE
    • HGゴシックM
    • HG丸ゴシックM-PRO
    • HG教科書体
    • HG行書体
    • HG正楷書体
    • HG正楷書体-PRO
    • HG創英プレゼンスEB
    • HG創英角ゴシックUB
    • HG創英角ポップ体
    • HG明朝B
    • HG明朝E
    • TBP丸ゴシックDE
    • TBP丸ゴシックR
    • TBPゴシックDE
    • TBPゴシックR
    • ふみゴシック
    • メイリオ
    • 魚石行書
    • 江戸勘亭流
    • 祥南真筆行書体
    • 正調祥南真筆行書体
    • 正調祥南真筆行書体EX
    • 富士ポップ
    • 有澤行書
    • 有澤太楷書
    • 有澤楷書
    • 麗流隷書
    • 恋文ペン字

データ制作上のご注意/PowerPointデータについて

  1. 画像・図形は、PNG形式のものを貼り付けてください。
    • JPEGはダメ×です。
  2. 背景のグラデーションの使用はできる限りお避け頂き、背景にグラデーションを付けたい場合は、全体をグラデーションのついた矩形画像で背景に配置・貼り付けてください。PNG形式のものを貼り付けてください。
    • JPEGはダメ×です。
  3. 図形・画像について:図形の貼り付けで、ホームにあるツールバー、一番左の文字の「貼り付け」をクリックして頂き、「形式を選択して貼り付け」を選んでください。次に、貼り付けの図形形式ですが、「図(PNG)」を必ずお選び下さい。また、写真の影や半透明に付きましても、上記同様、貼り付けの図形形式で、「図(PNG)」を必ずお選びいただき、貼り付けてください。
    • ※画像等の影につきましては、不具合が生じる場合がございますので、できれば、画像等のライブシャドウは、避けられることをお薦めします。

入稿データの圧縮について

作成した生データを直接入稿頂いてOKですが、通信環境によってデータが壊れる事がありますので、より安全に入稿していただくために、データを圧縮して入稿するようお願いします。

  • Macintosh:ZIP形式・StuffIt形式
  • Windows :ZIP形式  にてお願い致します。
    • できれば、自己解凍形式にて保存をお願いいたします。

しまった綺麗な黒(リッチブラック)について

リッチブラックは、C=60%・M=40%・Y=40%・K=100% にてデータを制作してください。

画像等・入稿データサイズと出力サイズについて

出力仕上げサイズは、特に指定がない場合は、ご入稿いただいたデータの原寸サイズに+5mmの余白を付けた仕上がりとなります。
画像に、より多くの余白を付けた仕上がりをご希望の場合は、必要な余白を付けたデータをご入稿ください。
拡大出力ご希望の場合は、仕上がりサイズを必ず、お知らせください。

※化粧断ちカットご希望の場合は、
 断ちトンボ(トリムマーク)か、カット位置がわかる、0.5ポイントの細い罫線を配置しておいてください。